大人気のひらやの家を
天然木の木の家で

「ひらやの家」で
(つい)
(すみか)

今こそあこがれの「ひらやの家」でゆったり憩いの日々を過す。
ひろい平屋は住みやすくメンテナンスも容易。
外出もままならない現代は住まいの見直しをして、快適な空間を

 

ひらやの家の特徴 ひらやの家参考プラン ひらやの家事例写真
よくある質問 お問い合わせ メルマガ登録

 

快適な住まいで快適な時間をすごしたい

 家にいる時間が長くなり、より快適性な住まいにしたい

 足腰が弱くなるので、ワンフロアで生活したい

 外出より庭でガーデニングやバーベキューを楽しみたい

 メンテナンスの容易な家がいい

 お掃除の楽な家で過ごしたい

 暖かい家で冬でも安心、夏は涼しく省エネな家がいい

高齢になると若い時と違って家にいる時間が長くなる。コロナ禍でより外出がしにくくなった現代社会。いかに住まいを快適にするかが大きなテーマになっています。

以前より高齢化による住まいの見直しで「平屋の家」が注目され、大手ハウスメーカーはじめ多くのビルダーが「平屋の家」を商品化してきましたが、今後ますますこの流れは加速していくでしょう。ひらやの特徴は何といってもワンフロアによる生活動線。一戸建てとマンションの良いところを取ったひらやの家は「サザエさんの家」のように新しくもあり懐かしさもある・・・
夢ハウスの「ひらやの家」はまさに50、60年前の懐かしい木の家の平屋。

本来の住まいのあり方を再現したかのような無垢の家の「平屋」がこれからの住まいの選択肢の一つに加わりました。平屋・二階建て・三階建て・・あなたはどっち派?

 

夢ハウスの「ひらやの家」
展示場写真

無垢の家で遠赤外線床暖房

無垢の家で癒しの空間。傾斜天井で天井の高い広々空間が取れるリビングスペースはひらやの家ならでは。気持ちの良い空間でストレスのない癒しの空間をご提案

庭でホームパーティーやバーベキューひろい庭でホームパーティーやバーベキューが出来るのもひらやの魅力です。リビングデッキやパーゴラなど魅力の空間に

天然木の家づくり

ロフト(小屋裏)は趣味のスペース、平屋でロフトスペースを取れば趣味の空間も出来ます。2階とは違う、ロフトの空間は隠れ家的な魅力が・・・

ご夫婦で料理を楽しんだり、セカンドライフはご夫婦で料理を楽しんだり、ご主人が料理を作ったりと、料理を趣味にする方も増えています。

 夢ハウスの
「ひらやの家」の特徴

  • 地震に強い「ひらやの家」
    ※二階建てに比べて屋根材の重さしかかかっていないため、地震には格段に強くなります
  • 台風に強い「ひらやの家」
    ※高さが無い為、台風にも強く災害に強い家
  • 老後も安心!段差のない「ひらやの家」
    ※住む人は勿論、外部のからくる親戚・友人・業者なども楽なひらや・・
  • メンテナンスに強い「ひらやの家」
    ※屋根や外壁のメンテナンスも楽に出来るので費用も安く済む
  • 家具の出し入れが容易な「ひらやの家」
    ※古くなった家具の廃棄など出し入れが容易に出来る
  • 天井が高く取れ、各部屋傾斜天井が出来ます
    ※部屋の空間が広がり開放感のあるへやに・・
  • ワンフロアで生活動線がよい「ひらやの家」
    ※上がったり下りたりという動線がなく生活しやすい
  • ひろーい部屋が取れる。リビングなど荷重が少ない為、大空間も可能
    ※2階建ての1階のリビングに比べ、大空間が取れやすい
  • 子育て世代にやさしい「ひらやの家」はマンションと違い上下左右の隣家に対しての音の心配が必要ない為、のびのび子育てが出来る
 
「ひらやの家」参考プラン

 

ひらやの家参考プラン

 
お客様から寄せられたよくあるご質問

 


 

防犯上は悪くなるのでは?

それは2階や3階建てでも同じです。建物が地上についている以上、泥棒は入ってきます。開口部の防犯対策は2階や3階と同じでしっかり対策を講じます

 

価格は安くなるのですか?

価格については基礎工事や屋根工事の面積が増える分、2階建てに比べると単価は少し高くなります。

土地が広くないとひらやは出来ないと聞きますがそうなんですか?

その地域の建蔽率(けんぺいりつ)によって変わりますが、建蔽率60%の地域で25坪の平屋を建てようとすると、25坪÷0.6(60%)=41.66(坪)
約42坪の土地面積が必要になります

 

令和2年12月15日より令和3年10月31日までの期間にご契約された場合は国が始めたグリーン住宅ポイントによって40万円相当のポイントが付与。


「平屋の家」施工事例 狭山市の事例


ロフト付きの「平屋の家」事例写真 練馬区の事例

 

武蔵野市で建てた「平屋の家」施工事例

ロフト付きひらやの家
     

地震に強く!災害に強い!
「ひらやの家」

 

なぜ今若年層に
平屋が人気?

 

平屋は昔ながらの家というイメージが強く、シニア層には以前より人気が高かったわけですが、最近は若年層の子育て世代に大変な人気になっています。その訳は?

 

隣家が気にならない

平屋住宅はマンションと違い、隣家への騒音を気にしたり、必要以上に気を使ったりという心配がなく生活できます。マンションの場合は上下左右に他人が住んでいる為、あかちゃんの夜泣きや、走り回る騒音や生活音を気にしますが、平屋は気兼ねなく、生活できる心の快適さがあります。

 

耐震性が高い

1階建てと2階建ての耐震性を比べると、1階建ての場合は上階の過重負担がなく、風の抵抗も少ない為、耐震性が高くなります。この利点により空間を広くとることが可能となり、間取りの自由度も広がります

 

台風などの災害に強い

年々大型化する台風によって、屋根が飛んだり、飛来物が窓や壁にあたったりという被害が出ていますが、ひらやの場合は被害をあたえにくいし、あたりにくいというのがあります。風の被害は高くなれば大きくなりますので風の影響も受けにくくなり、災害に強い家といえるでしょう。

 

外壁や屋根などのメンテナンスが安い

経年変化によるメンテナンスは外装が一番多いのですが、その時に必ず足場が必要になってきますが、平屋の場合はいらないわけではないのですが、割安で済むのと部分的な改修工事の場合は脚立足場で済むので圧倒的にコストが安く済みます

 

老後も段差や上下階の移動がないので安心

若年層の子育て世代から老後まで段差や上下階の移動がないのが安心。人はいつかは老後を迎えます。その時に安心して住めるのが平屋建て住宅。

 

ワンフロアで生活できるので子育てにも安心

ワンフロアで生活できるので、小さな子供のいる子育て世帯は安心して生活が出来る。又、上下の移動がないので生活動線がよく、ストレスも軽減されます

 

上記のような利点がいっぱいな平屋の家ですが、欠点もあります。それは・・・

 

●広い土地が必要です。

その地域の建蔽率(けんぺいりつ)によって変わりますが、建蔽率60%の地域で25坪の平屋を建てようとすると、25坪÷0.6(60%)=41.66(坪)
約42坪の土地面積が必要になります。42坪の土地面積は東京都ではかなり高額になってしまうので郊外や地方への移動が必要に。コロナによってリモートワークで仕事をされている方は、思い切って郊外や地方に移住という事も・・・

 

●水害への問題

これは一戸建てであれば全て同じ事になりますが、2階リビングなどで生活の拠点が2階の場合と比べると、水害後の生活は多少変わってきますので、建築予定地のハザードマップなどを確認して水害のあるエリアは対策が必要になります。

対策方法としては、高基礎にして1階部分を地盤面から高くするという方法が考えられます。

 

●日当たりの問題

これも水害と同じで、2階リビングなどと比べれば日当たりの確保が難しいのですが、トップライト(天窓)などの対策で解消されます

 

●防犯対策の問題

平屋は侵入経路が多く空き巣に狙われやすいという方がいますが、一戸建ては全て同じ条件なのですが、1階にビルトインガレージなどがあり、玄関しか侵入経路がないなどの場合は多少変わるかもわかりません。防犯対策としては、シャッターや面格子でしっかりと対策することが肝心ですね

 

夢ハウスパートナー 
株式会社彩建コーポレーション

〒359-1106  埼玉県所沢市東狭山ヶ丘1-68-6 
西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口 徒歩8分

 

下記にお名前とメールアドレスを入力して無料メルマガ登録していただくと、定期的に有益な情報を発信させていただきます。

メルマガ登録3つの特典

  • 最新の住宅税制や住宅補助金を配信させていただきます
  • 最新のセール情報などを最速で配信させていただきます
  • 限定商品をメルマガ登録者だけに配信させていただきます
浴室のリフォーム 所沢市の彩建コーポレーション 無垢フロアで床のリフォーム
快適なお風呂 床のリフォーム 内窓の設置
耐震診断  リノベーション キッチンリフォーム
テレワーク ガイナで断熱塗装 カタログ請求
ラインで無料相談 リモート無料相談 メルマガ登録
天然木の家具のWebショップ 彩建コーポレーション
家具の販売 新しい日常 ガーデンルーム

 

Copyright (C) 2020株式会社彩建コーポレーション All Rights Reserved