宇宙開発のJAXAが開発した

断熱塗料
「ガイナ」

屋根や外壁にガイナを塗ることで
遮熱効果があり、結露防止にもつながります
テレビでも紹介された「ガイナ」で屋根や外壁のリフォーム

 

温暖化による毎年の猛暑は
今後も続きます。
省エネも考えなければいけない
日本で何も対策をしなくて
大丈夫ですか?

屋根のガイナ塗装で
ー20.6度の測定結果が

 

断熱・遮熱 結露防止 不燃材料
耐久性 安全 遮音・防音
断熱・保温 施工事例 実験動画
見積依頼 ライン登録 新しい日常

省エネ大賞【審査委員会特別賞】
2018年1月 一般財団法人 省エネルギーセンター

省エネ社会の構築を目的として、省エネ性(省エネルギー性)に優れた製品・ビジネスモデルに対し、表彰・授与される賞。
一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、経済産業省が後援しています。

省エネ大賞【審査委員会特別賞】
遮熱効果で、夏は涼しく!

セラミックの多層構造で熱の侵入を食い止める

ガイナを建物の屋根・外壁に塗装すると、日射を効率良く反射し、一部吸収し発生した熱も効率的に逃すため、効果的に遮熱効果を発揮します。また、夏期熱の侵入を抑えることにより、冷房費を削減します。 メカニズム的には、ガイナは塗膜表面を特殊セラミックで覆うことにより、夏期屋内へ侵入する熱の元となる日射を効率よく反射し、熱の発生を抑えます。また、ガイナは遠赤外線の放射率が94.6%と極めて高く、一部吸収した熱も遠赤外線として放射することで性能を高め、効果も持続し発揮し続けます。

屋根にガイナ塗装で遮熱をする仕組み

屋根のリフォームは遮熱型塗装がベスト

結露防止

ガイナを塗装すると結露の発生を
抑制することができます!

ガイナを塗装すると、断熱性機能を発揮し、結露の発生を抑制することができます。 結露は、一般に空気中の熱が壁面等物質へ移動する際に起きる現象です。 熱は、必ず温度差がある時、温度が高い方から低い方へ移動する性質があるため、冬の室内においては、室内空気温度より温度の低い壁面等に結露が発生します。ガイナを塗装すると、塗装面が室内空気温度と同じ温度に近づくため、温度差が小さくなり、結露の発生を抑制する効果を発揮するのです。
メカニズム的には、
①表面温度が接する空気温度に近づく
②室内空気との温度差を小さくし、熱の移動を抑える
③熱の移動が抑えられると、結露の発生は抑制される
という仕組みです。

ガイナの断熱性能の秘密ガイナの断熱性能実験 所沢市の彩建コーポレーション

上記の写真は、冷凍庫で冷やした「一般塗料塗装鉄板」、「ガイナ塗装鉄板」それぞれの鉄板を常温環境に置き、結露発生量の状況を撮影したものです。 「一般塗料塗装鉄板」は、鉄板表面から結露が発生しますが、「ガイナ(GAINA)塗装鉄板」は結露の発生を抑えています。 ガイナ基本的な機能である「結露抑制 防露効果」でも素晴らしい機能なのですが、より強力な結露に特化したモノをお探しの方は、ガイナ関連商品である「ノン結露」ページも併せてご覧下さい。

 

不燃材料ガイナの耐火性能 火災に強いガイナ

ガイナは国土交通省大臣から
認定を受けた不燃材料です。

不燃性能に関して政令で定める技術水準に適合する建築材料には、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3ランクあり、ガイナは、その最上位にあたる、不燃材料として国土交通省大臣から認定を受けています。

 

耐久性

 

ガイナの耐久性能データ

ガイナの特徴により、
建物を長寿命化させることができます。

紫外線に対してもっとも強いセラミックを多層化したガイナは、通常の塗料の2〜3倍の耐久性を持ち、さらに、断熱・遮熱性能により、建物の膨張・収縮を最小限に抑えることができます。 紫外線に対する耐久性は、紫外線吸収率で評価します。

安全

水性であるガイナは安心です。
内装用ガイナは、F☆☆☆☆を取得。

水性であるガイナは、有機溶剤などの危険物を使用しません。内装用ガイナは、室内空気環境の安全性の目安となる、F☆☆☆☆(フォースター)を取得しています。 またガイナは外装にも使用するため、F☆☆☆☆を取得することができませんが、右下の表の通り、アルデヒド類や揮発性有機化合物(VOC)に対して、F☆☆☆☆と同程度の安全性能を確保しています。

ガイナの安全性

  • 毎年繰り返す真夏の猛暑を屋根の遮熱塗装で対処
  • 宇宙開発のJAXAが開発した技術だから安心の性能
  • 冬も断熱・保温効果で省エネに。家計にもやさしい「ガイナ」塗装
  • 結露防止で建物の耐久性も向上
  • 塗装の耐久性も高く、通常塗料の2~3倍の耐久性
  • 遮音・防音にも効果的な塗料

遮音・防音
音を反射・制振

ガイナで静かな環境を!防音効果!

ガイナを塗装すると、防音効果を発揮し、建物外部からの音の侵入(屋根を打つ雨音など)、内部からの音の漏れを防ぐことができます。ガイナの防音効果ガイナの防音のメカニズムは、「効率的に音を反射する」、「音の振動を抑える」です。 ガイナの塗膜表面は、大量のセラミックで隙間なく覆われているため、顕微鏡で拡大してみると、一般塗料に比べて塗膜の表面積が大変大きくなっていることがわかります。表面が大きいほど、効率よく音を反射することができるため、ガイナ塗膜はまず音を反射することで、内部への音の侵入を抑えます。ガイナの防音効果さらに、塗膜内で多重の層となったセラミックの効果により、塗膜内部に侵入してきた音も、その振動を軽減することで音を小さくできます。また、中空ビーズにより形成された塗膜により、雨による音の発生を大幅に低減します。その為、折板屋根で発生する雨音がほとんど聞こえなくなります。

断熱・保温
断熱・保温効果で、冬は暖かく!

ガイナの断熱性のしくみ

温度差のない天井・壁で外へ熱を逃がさない

ガイナを建物内装(内壁・天井)に塗装すると、断熱性能を発揮し、冬季暖房稼動時に効果的に室内を暖めることが可能となります。メカニズム的には「暖房の熱を受けると塗膜の表面温度が効率的に上昇する」「室内空気との温度差を小さくし、熱の移動を抑える」「赤外線を効率的に放射し、体感温度を上昇させる」機能です。ガイナは断熱性にも優れ、塗装面全面を隙間なく覆うことで、効率的に断熱効果を発揮し、冬期の暖房効率の上昇、暖房費の削減にも寄与します。は塗膜表面を特殊セラミックで覆うことにより、夏期屋内へ侵入する熱の元となる日射を効率よく反射し、熱の発生を抑えます。また、ガイナは遠赤外線の放射率が94.6%と極めて高く、一部吸収した熱も遠赤外線として放射することで性能を高め、効果も持続し発揮し続けます。

 

表面温度事例

ガイナの表面温度事例

サーモグラフィーは、図のように工場屋根の半分のガイナ塗装が終わった段階で撮影したものであり、撮影時工場内部では暖房を使用している状況でした。ガイナ塗装箇所は内部から伝わる熱を断熱した結果、屋根表面温度が低くなっています。

冬期の施工事例
屋根・外壁にガイナを塗装した事で冬期の保温効果を発揮。

ガイナ冬の施工事例データ

断熱・遮熱 結露防止 不燃材料
耐久性 安全 遮音・防音
断熱・保温 施工事例 実験動画
見積依頼 ライン登録 新しい日常

漫画でわかるガイナの性能

ガイナの断熱実験
二重折板屋根+ロックウール断熱50㎜よりシングル折板屋根にガイナ等の方が断熱性が高い!という実験結果が 実験動画でご確認ください

屋根の断熱はリフォームでは大工事になってしまいますが、ガイナ塗装なら通常の屋根塗装と同じで簡単に屋根の断熱リフォームが出来ます。コストパフォーマンスの高い屋根の断熱リフォームはガイナがおススメ!です。埼玉県所沢市近郊の方は地元の彩建コーポレーションにお任せください
お見積もり依頼

は下記をクリックしてください。勿論無料でお見積もりいたします。
他社との相見積もり歓迎いたします

ライン登録で無料で相談が簡単に出来ます。

又、登録するだけで有益な情報を受け取れます。
ライン友達登録で有益情報配信下記をクリックして友だち登録お願いします
ライン友だち追加

 

夢ハウスパートナー 

株式会社彩建コーポレーション

〒359-1106  
埼玉県所沢市東狭山ヶ丘1-68-6 
連絡先 
04-2929-8400
彩建コーポレーション案内図
西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口 徒歩8分

 

Copyright (C) 2020株式会社彩建コーポレーション All Rights Reserved